Skip to main content

Advertisement

Table 5 The Japanese version of the Recovery Knowledge Inventory (RKI)

From: The property of the Japanese version of the Recovery Knowledge Inventory (RKI) among mental health service providers: a cross sectional study

No   まったく
そう
思わない
そう
思わない
どちら
とも
いえない
そう思う とても
そう思う
1a リカバリー考え方は、治療段階でも同じように適用できる 1 2 3 4 5
2b 精神科治療やアルコール·薬物乱用治療を受けている人が、自分治療やリハビリテーション目標を決めることはできないだろう 1 2 3 4 5
3 専門職者も、相談者(利用者)に、リカバリー追求ためなら思い切ってやってみるよう励ますべきである 1 2 3 4 5
4a 症状コントロールは、精神病気やアルコール·薬物乱用からリカバリーへ第一歩である 1 2 3 4 5
5a リカバリーに積極的に取り組む力を誰もがもっているとは限らない 1 2 3 4 5
6b 精神病気やアルコール・薬物乱用ある人は、日々生活に生じるさまざまな責任を負うべきではない 1 2 3 4 5
7b 重い精神病気やアルコール·薬物乱用におけるリカバリーは、決められた手順に沿えば実現する 1 2 3 4 5
8 趣味や余暇活動を楽しむことは、リカバリーために大切である 1 2 3 4 5
9b 相談者(利用者)が失敗や落胆をしないように守るは、専門職者責任である 1 2 3 4 5
10b 病状が安定している人だけが、自分ケアについて決めることに参加できる 1 2 3 4 5
11b 精神症状が激しい人やアルコール・薬物を乱用中人には、リカバリーはあてはまらない 1 2 3 4 5
12 病気や状態にかかわらず、自分がどんな人間なかを理解することは、リカバリーに不可欠な要素である 1 2 3 4 5
13a 相談者(利用者)に対する高すぎる期待は、しばしば問題を引き起こす 1 2 3 4 5
14b 自分病気や状態、治療必要性を受け入れる準備ができていない人には、リカバリーするために専門職者が手助けできることはほとんどない 1 2 3 4 5
15b リカバリーには、大きな後戻りはせずに、徐々に前に進んでいくという特徴がある 1 2 3 4 5
16b 症状軽減は、リカバリー不可欠な要素である 1 2 3 4 5
17b 病気や状態深刻さに応じて、リカバリーへ期待や希望を調整する必要がある 1 2 3 4 5
18b リカバリー考え方がもっとも有用な人は、治療が一段落した人や治療をほぼ終えた人である 1 2 3 4 5
19b 治療に従えば従うほど、そ人はリカバリーしやすい 1 2 3 4 5
20 重い精神病気をもつ人や、アルコール·薬物乱用からリカバリーしつつある人も、精神保健専門職者と同様に、他リカバリー手助けとなることができる 1 2 3 4 5
  1. aNo. 1, 3, 4, 134項目は、16項目版日本語版尺度には含まれない。
  2. bNo. 2, 6, 7, 9, 10, 11, 14, 15, 16, 17, 18, 1912項目は逆転項目として計算する。